HOME リンク サイトマップ 個人情報について
    トップページ  >   病院長挨拶
 



      

国立病院機構 あきた病院長

間宮 繁夫




HOME
                           
  平成三十年

                        病院長  間宮 繁夫

    新年明けましておめでとうございます。皆様には健やかに新年をお迎えのことと心
    よりお喜び申し上げます。また、昨年中、当院に賜りました数々のご支援に対しま
    して、職員一同心より御礼申し上げます。

    今年は平成三十年になります。ついこの間、当時の内閣官房長官であった小渕恵三
    さんが、「新しい元号は『平成』であります。」とテレビで『平成』と墨書した台
    紙を見せながら発表していたと思いきや、あっという間の三十年でした。とは言う
    ものの、昨年一年間でも病院の周囲で様々なことがありました。当院では年度初め
    の四月から、電子カルテがスタートしました。開始後一ヶ月の間は入力に時間がか
    かり、超過勤務時間が一時的には多くなりました。その後次第に慣れてきて夏を迎
    える頃には様々な問題点も改善され、SEさんも2名から3名に増員されたこともあり、
    どこの部署でも運用がスムーズになったように思います。

    次に、昨年は熊の目撃が大変多い年でした。病院の近くの山でも目撃情報があり、
    今年は病院の敷地内へ出てくることも考えられ心配しています。7月には、秋田県
    内陸部での豪雨のため病院の上水道も一週間濁り、患者さんへの水の供給・給食・
    入浴で大変ご迷惑をおかけしました。11月9日には新聞各紙に「あきた病院六億円
    会計不適切」との見出しで、会計検査院から指摘された事項が大きく報道されまし
    た。税金の無駄遣いをチェックする会計検査院ですが、当院の経営は国から運営交
    付金を受けて運営しているものではないため、最終的には交付金等を返還するよう
    な命令はなく、処罰を受けることもありませんでした。11月下旬にこの由利本荘市
    に北朝鮮からの漁船が漂流し、8人が保護されました。日本各地で同様の漁船漂着が
    あり、今後も増える可能性があり大きなトラブルに発展しないかと不安になります。
    これだけではありませんが、昨年一年間でも様々な事がありました。

    さて、今年は病院経営に影響する診療報酬・介護・障害の各制度の改定があり、
    具体的にどのような影響が出るか予測が出来ません。細かいことを心配するより、
    あきた病院としてはこれを機会に原点に返って国立病院機構に求められている医療、
    他の病院では提供できないあきた病院独自の医療をきちんと行う方針をたてました。
    あきた病院に求められている心のこもった医療の提供を中心に、運営を行っていく
    方針です。

    本年もあきた病院は職員一同良質な医療の提供に努めてまいります。皆様方には、
    更なるご指導ご鞭撻の程引き続きよろしくお願い申し上げます。平成三十年が皆様
    にとりまして明るい年になりますよう祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせてい
    ただきます。



    
        

 
    | 著作権について 施設名称の変更について住所表示変更について個別郵便番号について

  独立行政法人国立病院機構 あきた病院
  〒018-1393 秋田県由利本荘市岩城内道川字井戸ノ沢84-40 TEL 0184-73-2002 FAX 0184-73-2370
  Copyright(c) 1999-2016 National Hospital Organization Akita National Hospital. All Rights Reserved.
  このサイトに掲載されている記事・写真・イラストなどの無断転載を禁止します。